意外と知られていない?ファッション系の専門学校

学校による違いと学科

ファッション系の専門学校の違いは講師の質、学科、実績などです。講師がプロのファッションデザイナー、パタンナーであるといった事もあります。専門学校としても売りの1つなので、そういった情報はホームページなどで把握可能なことが多いです。また規模が大きい専門学校であればいろいろな学科が用意されています。ファッションデザイン、パタンナー、テキスタイルデザイナーなど学べることはそれぞれ異なりますが、それぞれ基本から学べますよ。

学び方と期間について

基礎から学べるといってもセンスが必要となる場面はいくらでも出てきます。技術と同時に個性も磨く必要があるといえるでしょうね。想像力が必要となる授業も多いので、中学や高校とはまるで違った感性が必要となります。学ぶ期間も異なることがあり、1年から3年程度学ぶのが一般的です。ちなみに専門学校によっては途中で学科を変えられる場合もあります。その場合は何年か学び、新しい年度から別の学科という流れになりますね。

体験入学と資料請求について

専門学校全般によくある体験入学ですが、ファッション系の専門学校の場合は特に多様です。授業内容を閲覧できるといった体験入学もあれば、授業を体験できるといったりと専門学校次第で様々です。なかには1日ではなく2日以上授業を体験できるといったところもあります。資料請求は電話、ホームページなどから手続きを行って取り寄せることができます。学科別に資料を用意している専門学校もあるので、入りたい学科がある程度決まっている人の方が請求しやすいです。

服飾の専門学校では、知識を身につける授業に加え、技術を習得する実習も多く行われているため、服飾分野のプロを目指す際に役立ちます。