相続税の申告準備には不可欠!相続人同士の遺産分割の協議

相続税申告前には協議が終わっている事が重要!

相続税は、遺産を受け取った相続人それぞれに課税が行われます。そのため、まず相続税を申告する前には、相続人の間で協議を行い、相続財産の分割を決定する準備が必要不可欠です。税理士に相続税の申告手続きを任せる場合でも、すでに相続人の間で遺産分割の協議が終わっていると、スムーズに作業が進められるでしょう。相続税の納税で相続人が不利益を被らないためにも、相続人それぞれが協力して、迅速に分割協議を済ませるのが大切ですね。

遺産分割が決まってなくても必要!相続税の申告義務

相続税申告のためには、遺産分割の協議が必要です。しかし一方で、協議がまとまらずにいつまでも決定できない事態もよくあることでしょう。このような場合でも、相続税の申告義務は課せられるのです。相続の開始を知った翌日から10か月の間には、相続税の申告を行わなければなりません。たとえ協議がまとまらないとしても、相続税の申告義務を怠ると加算税が課せられるでしょう。遺産分割が未決定であっても、まず税理士に相談するのが重要です。

協議決定前でも申告可能!修正申告は税理士に任せ簡単

相続人同士の分割協議が決まっておらず、また申告のための期限が迫っている場合には、分割協議の成立前に相続税の申告が可能です。この場合、遺産分割が行われたと仮に想定する相続額を計算し、申告することになります。また申告手続きが終わった後に、協議の決定が申告した総額と異なっていたのであれば、修正申告が必要です。相続税の修正申告の計算は複雑であるため、税理士に相続税の正申告手続きを依頼するのが適切でしょう。

相続の申告を税理士に委託するには早めの対応をお勧めします。資産の配分等、あらかじめ要望を伝え遺言書を作成することも含め生前から準備することにより未然に相続トラブルを防ぐことが可能になるからです。